英雄のポーズ

2010年09月08日18:10




私たちの周りには物や情報が非常にたくさん溢れていて、それらがとても手に入りやすい状況であると感じます。

けれどこの「入手しやすい」という点が、「要らないかもしれないがとりあえず手に入れておこう」という感覚を生み出しやすく、いつの間にか私たちの身の周りを重くしてしまいがちです。

色々なものに埋もれていることに慣れや安心を覚えてしまうと、自分には本当に何が必要で何が不要か判らなくなってしまいやすいものです。
足りている以上のものを無駄に抱え込んでいると、やがてそれが執着心を増長させることにもなるのでしょう。

ずっと手中に抱え込んでいる ≠ 幸せである

私たちの心身が本当に所持を要するものは実際にはそう多くはないはずで、無いなら無いで潔く諦めたり、工夫をして代替え策を取り生きていけば良いのです。



「足ることを知る」という教えがあります。

目の前に手に入れやすいものがあり、もしそれを欲しいと思っても、「これは今の自分にとって本当に必要なものなのか?手に入れなくても充分足りているのではないか?今あるもので代用できるのではないか?」と考え行動することが大切です。

欲張らず、今の自分自身を大切にし、工夫して生きる心構えでなければ、いつしか私たちは尽きることのない欲望で心身が破綻してしまうことになりかねません。

自身の欲望を野放しにせず、間違った欲望ならそのエネルギーを正しい方向へ向ける姿勢が必要と感じています。


ヨガを行なっていく中でも欲をかかないことが大切です。

立派な設備など無くても、高価なヨガウェアなど着なくても、修行・修養するに今の自分は充分足る環境の中にいるということを多くのかたに伝えたい、そのために私は「どこでも求道ヨガ」を地道に続けています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

福島のぞみ

Author:福島のぞみ
・健康運動指導士
・介護予防運動指導員
・龍村ヨガ研究所指導者養成講座第8期卒業

「自分の健康は自分で守る」
この意識向上を現代社会に広めなければと活動中

最新記事

こちらもどうぞ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム