魚のポーズ

2010年06月13日13:07

sakana


このポーズに出会った時、ヨガポーズは髪を乱さないようにやろうなんて考えていてはいかんなと思いました。

以前の私は、頭頂部を地につけるポーズの存在を知らなかったため、「髪ぐちゃぐちゃになるなぁ・・・」という嫌悪と、そのポーズの特性から頸椎への負担も心配になったものでした。

しかし、実際に行なってみると、そんな心配などは私にとって無意味でどうでもよいことだったと気付かされました。


私たちは、過去の経験や得た知識から様々な事を予測し、今ある現実にそれらを活かし過ごしています。

ただ、そのことが、かえって自らの心に迷いや不安を抱えさせ、まずは頭の中で処理しようとしてしまい、今行わなければならないことから自身を遠ざけてしまっているところが多くあると感じます。


考えても判らないこと
考えてもどうにもならないこと

たくさん、たくさん、たくさんあります。



自身がやれることをとにかく精一杯行ない、それでもなお判らない時は全てを自然にまかせてしまう。

さぼっているような、投げ出してラクをしてしまっているような・・・
そんな罪悪感を覚えるかも知れません。
かつての私は、まさにそうでした。

でもこれは、自然(神)に従うという積極的姿勢であるということを知りました。


人事を尽くして天命を待つ


頭で考えることから始めるのではなく、
まずやるべき事に全力を尽くし、あとは自然にまかせるのみです。

できるかどうかの思案に終始せず、とにかく自分で真実を確かめるために行動してみることが大切です。
時には勇気や重大な決意を要するかもしれません。

しかし、行じて真実を体験しなければ正しく天命もくだらないものなのでしょう。

ヨガという生き方、
それは唯々、ひとつひとつの場面において身をもって真剣に経験する姿勢を貫くことです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

福島のぞみ

Author:福島のぞみ
・健康運動指導士
・介護予防運動指導員
・龍村ヨガ研究所指導者養成講座第8期卒業

「自分の健康は自分で守る」
この意識向上を現代社会に広めなければと活動中

最新記事

こちらもどうぞ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム