感じようとすること

2010年11月28日19:18

破壊神シヴァに呼ばれたであろう私の初インド上陸は、出発までの下準備に無理な調整を強いられることなく自然に導かれ、たどり着けました。

今回の旅は、私の師匠である龍村修氏同行のツアーでした。
参加の動機は、ただ単純に「師匠と共にインドの地へ降り立ちインドの空気を感じたい」その気持ちだけでおりました。ですので、旅の行程がどうかという点に重きは置いていなかったのです。


インドに到着し連れられるがままに移動するこの旅は、アルナチャラ入山とシヴァ神関連の遺跡見学が中心で、現地ガイドさんの丁寧な解説付きでとても贅沢な旅でした。
・・・が、インドの歴史的背景についてちんぷんかんぷんな私には、申し訳ないくらい理解不能な場面の連続となってしまいました。

けれど、結果的にこのことは私にとって深い意味があったのです。
予備知識に乏しく理解に苦しむ状態だからこそ、とにかくその場に溶け込み空気を感じようとするしかなく、今ここで私は何に気付くべきなのかという意識を高く持つことができたのでした。


さて、こんな私が導かれたインドの地には、偶像崇拝する人々の姿がたくさんあり、そこには真剣で厳かな空気が流れ、より良く生きられるようにとの人々の想いが満ちているように感じました。

私は自分自身の中に神がいるという考え方ですので参拝をする習慣はありませんが、神の象徴に向かって淡々と祈りを続ける人々を目の当たりにしていると、今の日本はひとところに腰を据えてじっくり取り組む姿勢が崩れてきているように思えてきました。
e-kanbarana-tarujiin gasshou

情報やものが溢れる中ではどうしても心や身体がざわつき動かされやすく、何が大切なのかを感じられなくなってしまうものです。

ざわついた環境でも心を無にでき大切なことをきちんと感じられ、取り組むべきところではじっくり腰を据えられる自分を開発していくことが必要ではないでしょうか。



動禅や冥想を通じ感覚を研ぎ澄ませ大切なことを感じられる自分を維持する、そのことを実際に行なう場のひとつとなればと「どこでも求道ヨガ」を開催しています。
スポンサーサイト

プロフィール

福島のぞみ

Author:福島のぞみ
・健康運動指導士
・介護予防運動指導員
・龍村ヨガ研究所指導者養成講座第8期卒業

「自分の健康は自分で守る」
この意識向上を現代社会に広めなければと活動中

最新記事

こちらもどうぞ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム