合掌

2010年08月21日07:16

gasshou


調子良く順調に日常が流れている時、警戒心が薄れるのかそれとも自分を過信しすぎてしまうのか、大失敗をしてしまう時があります。

自分一人だけが受けるダメージで済むならまだしも、信用して下さっていたかたをがっかりさせてしまう事態は、己の甘さを反省し生き方を見つめ直しなさいという真我(神)の導き以外の何ものでもないのであろうと感じます。

他(人)の存在や気持ちなどの犠牲の上にこのような導きへと辿り着くのですから、私たちは他に生かされているのだなぁということをつくづく思い知らされます。

生きている中で他の犠牲の上に自身の成長があることにどれだけ気付くことができているのだろうと思うと、きっと気付かないまま通り過ぎてしまっている場面のほうが私たちは圧倒的に多いのではないでしょうか。

他のおかげがあり、今ここに自分は生かされている。
他は自分にとっての神。
互いに生かし合い生かされているという感じ方こそが本来の自然な姿なのでしょう。

正直、疲れていたり余裕が無かったりするとつい他に感謝できなかったりすることもあります。

他に感謝し拝むという意味である 合掌 を習慣化し、どんな時も他のおかげを忘れない自分でいられるよう修行・修養していくことが大切なのだとあらためて感じています。
スポンサーサイト

プロフィール

福島のぞみ

Author:福島のぞみ
・健康運動指導士
・介護予防運動指導員
・龍村ヨガ研究所指導者養成講座第8期卒業

「自分の健康は自分で守る」
この意識向上を現代社会に広めなければと活動中

最新記事

こちらもどうぞ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム