開催の様子(2015-1-2)

2015年01月02日21:02

2015年1月2日(金)午前6:51~7:51(日の出時刻から)
神奈川県藤沢市片瀬海岸東浜にて、のぞみ求道ヨガを開催致しました。

気温 -3.4℃   北の風 1.6メートル (アメダス実測値)


自宅から片瀬海岸東浜へ向かう道中は、前日からの冷え込みで路面上あちこちの水溜りが凍結していました。

「湘南でこんなに冷えるのは珍しい」
この地域に永くお住まいのかたがそう仰るほど寒さ厳しい朝でした。

交通手段によっては危険が伴うため欠席の連絡が入ったり、こちらへ向かわれるかたが無事到着して下さるよう案じたり、例年の集合時間にはない緊張がありました。


東浜へ降り立つと、砂が凍っていました。
20150102bb.jpg
固まっているので歩きやすい。
雨上がりの時とは違う固さの感触に相当冷えていることを実感しました。


空は晴れて高く、日の出時刻が迫るほど明るさに赤みが増してきました。



筋温を上げる動禅を急いで進め少し息が弾みかけたころ、日の出が始まりました。
20150102aa.jpg
前日1/1元旦はこの場所でこの情景は見られなかったため、この1/2から新年が始まったかのようなそんな気持ちがした日の出でした。


太陽の強い光が射しても空気はなかなか暖まらず、顔など防寒していない部位は寒い冷たいでなく痛くて感覚が麻痺する状態。体温がどんどん奪われるため、その後はとにかく強度ある動禅をし続けました。


きっと、これを読まれたら参加してみようという気持ちは湧いてこないかもしれません。
それでももし、心のどこかに少しでも残るものがありましたら、いつの日にかどうぞ思い切ってご一緒下さい。


暦上の節目でなくとも自分の内側から行動力が湧き上がってきたその時が節目です。
そのように自分の内側の声に従い進みつつ、その声が間違ったことを発しないよう自己研鑽も続けてまいりましょう。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。


画像はご参加のかたから頂戴致しました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

開催の様子(2014-1-2)

2014年01月02日17:00

2014年1月2日(木)午前6:51~7:51(日の出時刻から)
神奈川県藤沢市片瀬海岸東浜にて、のぞみ求道ヨガを開催致しました。

気温 3.4℃   北北東の風 1.4メートル (アメダス実測値)


2014年2日目。
続けていると少しずつ浸透し、恒例行事のような空気感が生まれてまいりました。

前年大晦日の日の入り時刻に会ったかた、ちょうど1年ぶりのかた、その中間のかた、初対面のかた。
皆それぞれお正月の早朝に心身を研ぎ澄ませるため、締まりある表情で集まって下さいました。

日の出時刻10分前に集合しましたが、そのほんの少し前まではとても冷えた空気でした。
しかし、日の出時刻が迫るほどに空気に温かさが含まれ、それに気付いた自分の心がどんどん和んでいく様子を目の当たりにしました。
教室開始前から、太陽が近くにあることの嬉しさやありがたさを実感でき充実度が増した朝でした。


砂浜には人がやや多く、日の出の瞬間を逃すまいとシャッターを切る態勢で待ち構えている姿がたくさんありました。
その風景の中、私たちは砂浜を行き来する動禅で筋温保持をしました。

やがて太陽が現れ、光の状態や空の色がどんどん変わっていくその全てを静かに迎え、力強い光を受け合掌深呼吸を繰り返しました。
20140102aa.jpg


同じ場所で全員が同じ動作を繰り返しても、そこで何をどう感じるかは皆違います。
20140102bb.jpg


ただ形だけ取り運動として行なうのもひとつですが、それならわざわざこの場所でこんな朝早くからでなくてもいいのです。


自然現象は二度と出逢えないものの連続であり、そのひとつひとつが私たちに与えてくれるものはとても奥が深い。それを知り感じようとする場面を自分に経験させることが大切です。

都合良い現象ばかりを狙って行動していては心身の成長に繋がりません。

未来の自分は今から積み重ねたことで創られていきます。新たな一年が始まった今、自分にとって何を積み重ねるべきか心静かに見つめる良い節目かもしれません。

のぞみ求道ヨガ教室は本年も地道に続けてまいります。

自分を見つめる場としてご参加いただけたら幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

画像は参加下さったかたから頂戴致しました。ありがとうございます。

開催の様子(2013-1-2)

2013年01月02日18:54

2013年1月2日(水)午前6:51~7:51(日の出時刻から)
神奈川県藤沢市 片瀬海岸東浜にて「のぞみ求道ヨガ」を開催致しました。

気温 10℃   南西の風 5メートル (アメダス実測値)


新年2日目。
この時期にしては気温のある早朝でした。
南からの風がかなり強めに吹いていて、この状況で海辺にいっぱなしはどうなるだろうと気になる中、自己研鑚意欲の高い皆さんがしゃきっとした表情で集まって下さいました。


この前日の2013年元日は太陽がほとんど雲に隠されてしまった日の出でしたが、2日は三浦半島の山頂から徐々に昇っていく太陽を皆で一心に迎えることができました。





風に当たりっぱなしで体温が奪われるため強度のある動禅で筋温維持をしました。
向かい風に対して動く時は顔を正面に向けていられないほどで、砂が顔面を直撃することもしばしばでした。
けれど、追い風で動く時はその厳しさから解放され、ものごとは表裏一体なのだということを再確認できました。
20130102bb.jpg





写真では伝わりませんが、強風に煽られながらの静止動作は非常に丹田力の強化訓練となり、新年早々皆さんずいぶんな集中の修行になった様子でした。
20130102cc.jpg


今年も地道にこの教室を続けてまいります。
自然の美しさや優しさだけでなく、厳しさも共に受け取っていきましょう。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



画像はご参加のかたから頂戴致しました。ありがとうございました。

開催の様子(4/1)

2012年04月01日21:00

2012年4月1日(日)午前5:29~6:29(日の出時刻から)
神奈川県藤沢市 片瀬海岸東浜にて「どこでも求道ヨガ」を開催致しました。

気温 4.7℃   北北東の風 2メートル (アメダス実測値)

平成24年度の始まり。
新たな気持ちで進んでいこうという想いを後押ししてくれるかのように、美しく力強い太陽の光に恵まれた日の出時刻でした。
20120401aa.jpg



前日に上昇した気温は夜間に吹いた北風ですっかり冷やされていたため、砂浜を広く行き来する動禅で運動量を多くし自分を見つめていきました。
20120401bb.jpg



昇っていく太陽はありがたいことに雲に隠れることなく私たちに光を注いでくれ、そのお陰もあり、上げた筋温はさほど冷まされずその場での動禅に集中することができました。
20120401cc.jpg


一見、形が綺麗にできていると思う動禅の中にも、奥深くに気付かねばならない課題が隠れている事がたくさんあります。
自分の内側のことに気付こうとするかしないか、そのことで人生は随分と大きく変わるものだと感じています。



全ては自分次第なのです。




写真はご参加のかたから頂戴致しました。ありがとうございます。


開催の様子(2/19)

2012年02月19日20:44

2012年2月19日(日)午前6:25~7:25(日の出時刻から)
神奈川県藤沢市 片瀬海岸東浜にて「どこでも求道ヨガ」を開催致しました。

気温 -0.3℃   北北東の風 3メートル (アメダス実測値)


氷点下となった環境での開催は初めてでした。
寒さに臆せず集合下さったかたに感動させられるばかりです。

今冬の早朝は雲が多く、日の出時刻からすぐ太陽を見られる日がとても少ないです。
しかし今回は、ほぼ時刻通り三浦半島の山頂から姿を現す太陽が見られました。


少しずつ昇っていく太陽。
徐々に強まっていく光から発せられる自然の力を、一心に目や肌から取り込んでいきました。



太陽からの暖かさは感じられるものの、風が冷たくその場での動禅だけでは手先足先がどんどん冷やされてしまうため、砂浜を大きく動き回り全身の筋温を保っていきました。
20120219aa.jpg




気温が低い時期は地面からの冷気で過度に体温を奪われてしまうのを防ぐため、立位の動禅が多くなります。
手を地面に着くことや座位・臥位の動禅は減りがちですが、数少なめに敷物で冷気を少しでも防ぎながら実施。


手袋は滑るから素手でとおっしゃるかた、逆に手袋をするかた、個々がその時の状況に応じて自身を高めるに最良の形を自分で選択され黙々と動禅をなさいました。
20120219bb.jpg

20120219cc.jpg




空調管理された室内の実施では起こり得ないことが屋外にはたくさんあります。
そんな環境での活動は面倒で嫌だと思えばそれまですが、想定しきれない自然環境に繰り出すことこそ意味があると感じられるなら、それは神(自然)と自分を繋ぐという意味であるヨガの世界に居る証拠なのでしょう。




画像はご参加のかたから頂戴致しました。ありがとうございます。

プロフィール

福島のぞみ

Author:福島のぞみ
・健康運動指導士
・介護予防運動指導員
・龍村ヨガ研究所指導者養成講座第8期卒業

「自分の健康は自分で守る」
この意識向上を現代社会に広めなければと活動中

最新記事

こちらもどうぞ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム